製品情報

高エネルギー吸収型落石防護柵 落石 防護工 杭式

リバウンドキャッチフェンス工法(RCF工法)

RCF工法は、落石防護を目的として開発されたHRF工法の棚背面に緩衝材を設けることにより、落石をリバウンドさせエネルギーを吸収した後に、柵面に衝突させて残りのエネルギーを吸収する、ダブルの吸収機構を兼ね備えた工法です。

HRF工法+緩衝材の『ダブル吸収機構』で5000kJクラスの落石を捕捉します。

HRF工法とその背面に設けられた緩衝材(サンドクッション等)を組み合わせて、5000kJレベルの落石に対応可能です。

  1. 内部補強を施したモルタル充填鋼管支柱は、曲げ耐力とエネルギー吸収性能に優れており、積雪荷重・崩壊土砂荷重に対しても効果を発揮します。
  2. 落石の規模により、支柱や緩衝金具を選定することができるため、経済的な計画が可能です。
  3. 実物と同規模のHRF工法に対して、実際の斜面から重錘を落下させ、1000kJ以上のエネルギー吸収性能を確認しました。
  4. 観光地等の景観を損ねないよう、部材の塗装が可能です。(スリップ機構関連を除く)

HRF工法と、その背面に設けられた緩衝材を組み合わせて、5000kJレベルの落石に対応する高エネルギー吸収型落石防護柵です。

イメージ

対策用途

設置位置

擁壁上
道路脇
5000KJ 4.0m

特徴

支柱断面図

緩衝金具(写真:Aタイプ)

緩衝機構

実験

柵面の実験については、HRF・PCF工法の項目を参照。

実績

岐阜県下呂市保井戸

島根県隠岐郡隠岐の島町都万

山梨県韮崎市水神一丁目