製品情報

崩壊土砂落石兼用柵 崩壊土砂 防護工 杭式

ハイパワーアースフェンス工法(HEF工法)

崩壊土砂の衝撃力を確実に受け止めるため、ハイパワーフェンス工法の中でも最高レベルの剛性を有する支柱、堆積土砂にフレキシブルに対応するツリーロープ、土砂流出を最小限にする金網から構成される崩壊土砂防止柵です。

実規模実証実験に裏付けされた安心かつ安全な崩壊土砂対策工です。

ハイパワーフェンス工法の中でも最高レベルの剛性の支柱を有し、崩壊土砂対策に求められる性能をクリアした防護柵です。

  1. 衝撃力・堆積土圧・土砂捕捉量に対応した崩壊土砂防止柵です。
  2. 脆弱な地盤など、様々な地盤・現場条件において対応が可能です。
  3. 実物実証実験により、性能を確認しています。
  4. 施工困難な現場でも、ジョイント支柱の使用により確実に施工できます。
  5. 落石・積雪も兼用可能な工法です。

脆弱地盤、狭隘現場などの施工困難な現場において対応可能な崩壊土砂防止柵です。

イメージ

対策用途

設置位置

擁壁上
道路脇
750KJ 4.0m

特徴

支柱

補強鉄筋・補強板を配置し、モルタルを充填した高強度支柱

テークアップ

ロープ柵端金具に使用し、ロープの抜出しを防止

緩衝装置

落石兼用柵の場合に使用し、スリップにより落石エネルギーを吸収

実験

実績

兵庫県南あわじ市灘油谷

長野県須坂市上高井郡高山村稲荷

山梨県韮崎市水神