製品情報

鉄筋挿入工用受圧板 斜面 その他

アルミディスク

切土法面の安定化を図るため、鉄筋挿入工と併用する工法として開発された、アルミニウムを用いた鉄筋挿入工用反力体です。

鉄筋挿入工を使用するすべての切土法面で活用が可能です。

軽い・円い・薄い。3拍子揃った鉄筋挿入工用反力体です。

  1. アルミ製品のため、軽量(12.5kg)で人力施工が可能です。
  2. 方向調整を行う必要がなく、設置時間が短縮できます。
  3. 薄型構造(27mm)に加え、緑化することにより部材が完全に隠れます。
  4. アルミニウムの「軽い」という特長に加え、ハニカム構造により軽量化を実現。人力施工が可能になりました。

受圧板の面倒な方向調整も必要なく、機能性に優れた商品です。

イメージ

対策用途

設置位置

切土斜面

特徴

標準規格

材質 AC4C(アルミニウム鋳物)
寸法 φ740×t27
製品重量 12.5kg
受圧面積 0.43㎡
許容荷重 50kN

実験

「グラウンドアンカー受圧板 設計・試験マニュアル(平成16年12月)財団法人土木研究センター」を参考に載荷実験を実施し、性能確認を行いました。

実績

特徴

1.軽い → アルミ製品のため軽量で人力施工が可能です(12.5kg)

2.円い → 方向調整を行う必要がなく、設置時間が短縮できます

3.薄い → 薄型構造で緑化により完全に隠れます(27mm)

受圧板の方向調整は面倒ではありませんか?

円い形なら方向調整の手間が省けますよ