製品情報

高耐久排水管 その他

LLドレッパー
本技術はLLDP研究会の工法です。

一般の溶融亜鉛メッキ鋼製排水管に比べて、ライフサイクルコストの縮減が可能です。

橋梁補修時の取替・新設時にLCCの縮減が可能な高耐久排水管です。

既存インフラの長寿命化が求められる中、橋梁排水管の劣化(腐食・破損)が要因となり、凍結防止剤を含む高塩分の排水飛沫が主桁、支承周りおよび付属物などの著しい劣化を引き起こしている事例が散見されます。橋梁長寿命化に水回りの処理が重要な役割を果たしていることは周知の事実です。 「内外面二重防食排水管LLドレッパー」は、橋梁長寿命化のニーズに応えるために誕生した高耐久排水管です。

  1. 溶融亜鉛メッキを施した排水管の内外面に、飽和ポリエステル樹脂粉体塗装をすることで、二重の防食構造となっています。
  2. 塩害や酸性雨など、厳しい条件下でも長期耐久性に優れます。
  3. 積雪寒冷地で鋼製排水管を使用している場合に、LLドレッパーの採用事例が近年増えています。【NETIS HK-150009-A】
  4. 塩害地域、火山地域など過酷環境下においても長期防食性を有し、暴露実験により塩害環境下で65年の耐久性が確認されています。
  5. 内外面の両面塗装により、排水管内部からのダメージにも強く、凍結防止剤を含む排水からの劣化も防止します。
  6. 一般の鋼管を用いているため、強度の心配がなく、雪圧や凍結膨張圧などに対して問題ありません。
  7. 鋼製であれば様々な形状に対応が可能です。排水桝や支持金具にも対応します。ご相談下さい。
  8. 塩害地域や火山性地域、頻繁な取替が困難な跨線橋、取替が困難なプレテン桁の新設時、シェッドやトンネル坑口の排水管などに適しています。

特殊塗装(溶融亜鉛メッキ+飽和ポリエステル樹脂粉体塗装)を施した鋼製の二重防食構造となっており、塩害環境下でも65年以上の耐久性を誇る高耐久排水管です。

イメージ

特徴

排水管以外にも、鋼製部材であれば取付金具や排水桝などにも対応可能。北海道開発局標準図集 積雪寒冷地仕様排水桝にも対応。

実績

北海道足寄町

着手前

材料検収

取換状況

完成後