製品情報

落石・崩壊土砂防護大型土のう擁壁 仮設

パワーモンスター(POWER MONSTER)
本技術は亜細亜防災協会の工法です。

 パワーモンスターは、大型土のうを多段に積層し、繊維ロープと繊維ネットを用いて一体化した構造体で落石や崩壊土砂から保全対象物を防護する落石・崩壊土砂防護大型土のう擁壁です。構造体を一体化することで構造全体でエネルギーを分散させ、吸収する効果があり、さらに大型土のう間に発泡スチロールブロックを配置することで最大2,400kJまでの落石に対応できます。施工は大型土のうを積層し、ロープとネットで固定する簡単な施工であるため施工性に優れています。また、落石・崩壊土砂の防護性能は実規模実証実験により確認しているため、信頼性が高い工法です。

応急対策等の災害対策工に最適

落石や崩壊土砂から防護します。

  1. 最大2,400kJの落石エネルギーに対応しています。
  2. エネルギーの分散と、吸収効果の向上に優れています。
  3. 長期仮設に対応可能です。
  4. 崩壊土砂にも対応可能です。
  5. メンテナンスが容易です。

柔軟性に優れる繊維ネット、繊維ロープで大型土のうを一体化し、構造体全体でエネルギーを分散、吸収することで最大2,400kJの落石エネルギーや崩壊土砂に対応可能です。

イメージ

落石エネルギーに応じてTYPE-MとTYPE-Lの2種類があり、TYPE-Mは壁高3.3m、4.4mがあります。

対策用途

設置位置

道路脇
2400KJ

特徴

大型土のうはノーマル(1100)、ワイド(1300)の2種類です。

TYPE-M(H=3.3m)

大型土のう

TYPE-L(H=3.3m)

繊維ネット

実験

【落石防護性能】実斜面を用いた実規模実証実験による性能照査(斜面転落式実験)

 落石対策便覧記載の実験による性能検証法に準拠した実規模(壁高3.3m、延長最大7.8m)の供試体を構築し、所定のエネルギーとなるような重錘を斜面から転落させ、供試体に衝突させました。実験は、TYPE-M(3ケース)、TYPE-L(6ケース)を行い、全ケースにおいて、繊維ネットや繊維ロープの一体化効果が確認され、供試体の倒壊や貫通することなく重錘を捕捉しました。TYPE-Mは最大1058.7kJの衝突エネルギーを捕捉、TYPE-Lは最大2467.9kJを捕捉しました。タイプ毎の実構造における適用範囲の確認と落石防護性能を検証することができました。

斜面転落式実験(落石防護性能検証)

【実験結果】重錘(10.1t)捕捉

 【崩壊土砂防護性能】実斜面を用いた実規模実証実験による性能照査(土砂流下式実験) 

斜面高30mの斜面天端に土砂流下装置を設置し、50m3の土砂を流下させ、供試体に衝突させました。実験は各タイプとも連続で2回(50m3/回×2回=100m3)土砂を衝突させました。各TYPEとも連続2回の土砂を衝突させましたが、供試体の大きな損傷や転倒することなく土砂を捕捉しました。付与した土砂衝撃力は、TYPE-Mで128.5kN/m2、TYPE-Lで136.6kN/m2でした。最終的に供試体背面に土砂を満載させましたが、転倒はなく、静止状態を確保しており、堆積土圧に対する耐力も確認できました。タイプ毎の実構造における土砂衝撃力や堆積土圧に対する崩壊土砂防護性能を検証することができました。

土砂流下実験(崩壊土砂防護性能検証)

【実験結果】土砂捕捉

実績

施工中

施工後