雪崩予防柵 吊柵

全層雪崩、表層雪崩の防止に。急斜面にも対応できる工法です。

  • 吊柵工とは斜面に固定されたアンカー部から斜面に沿ってロープを吊り下げ、そのロープに柵本体を固定して雪崩の発生を予防する工法です。急斜面な地形や地盤条件の悪い場所にも設置が可能な雪崩対策の工法です。
  • 一般的に5m以下の積雪地帯に設置され、全層雪崩、表層雪崩を防止することが出来ます。

雪崩予防柵 吊柵の製品写真

ページトップへ

特長

  1. 現場での施工が吊ロープのアンカー工のみの為、施工が早く、安全な工法です。
  2. 横梁は軽量で曲げに強い一般構造用炭素鋼鋼管を使用しています。
  3. 掘削工が少なく、50度を超える斜面や地盤条件が悪く、固定柵の設置が困難な場所に有効です。

ページトップへ

詳細なカタログを取り寄せたい。仕様書用のデータが欲しい。商品選定の相談にのって欲しい。
落石・雪崩防止・雪崩予防のお問い合わせはこちらから。

ページトップへ