製品情報

高エネルギー吸収型土砂防止柵 崩壊土砂 防護工 ヒンジ式

ハイジュールネット工法(HJD工法)
本技術はハイジュールネット工法研究会の工法です。

ハイジュール土砂は、ハイジュールネットの機能を応用して開発された、崩壊土砂対策のための防止棚です。

押し寄せる土砂をキャッチ。土砂災害から家屋を守ります。

大がかりな基礎は不要のため、施工性に優れた崩壊土砂対策用の防止棚です。

  1. 崩壊した土砂を強靭で柔軟なケーブルネットで捕捉します。
  2. すり抜け防止の金網により、土砂の流出を最小限に抑えます。
  3. 衝撃力を吸収するブレーキエレメントは、作動量に対して十分に余裕のある性能を有します。/li>

国土交通省告示第332号に準拠した崩壊土砂の衝撃力に応じて型式を選べるほか、性能確認のため実証実物実験を行っています。

イメージ

対策用途

設置位置

斜面中腹

特徴

実験

土砂流下状況

土砂流下状況

土砂堆積状況